道具と処理後の対応|手際よく芝刈りをする方法を伝授|綺麗な庭に見違える

手際よく芝刈りをする方法を伝授|綺麗な庭に見違える

  1. ホーム
  2. 道具と処理後の対応

道具と処理後の対応

草刈り

道具の選定

草刈はかなりの労力を必要とする重労働だといえます。土地が広ければ多くの時間を草刈に取られることになります。時間を少なくして草刈をするには、道具をしっかりと選ぶ必要があります。道具によっては使い方がかなり異なるものがあるので、草刈をしたい土地に合わせた道具選びをするようにしましょう。なるべく土地にダメージを与えたくないのであれば、除草剤は使わずに機械や手作業による草刈をする必要があります。ただし、除草剤よりも時間が必要となるので手間がかかります。除草剤だと育てている植物にも影響を与えるかもしれないので使うときは注意が必要です。特に育てている植物がないのであれば、広範囲をカバーできる除草剤はかなり有効だといえます。適材適所の道具選びで土地に合った草刈を行いましょう。

処理後の対応

道具によって草刈を行った場合は、片付けるための処理が必要となります。草刈を終えるためには、道具で刈るだけではなく、その後処理も必要となるのです。後処理としては捨てる方法と再利用する方法が考えられます。捨てる時は燃えるごみで出してしまえば簡単に処理できます。もったいなくて再利用したいのであれば、刈った草を堆肥にして植物を栽培するのに役立てることができます。肥料代を浮かせることができるので、再利用するときにはお勧めの方法です。他にも燃やして灰にすることで色々なことに利用することができるので、灰も捨てずに取っておくといいかもしれません。処理せずに放っておくと刈った草がどんどん貯まっていってしまうので、小まめに捨てたり再利用したりしましょう。