季節による育て方とは|手際よく芝刈りをする方法を伝授|綺麗な庭に見違える

手際よく芝刈りをする方法を伝授|綺麗な庭に見違える

  1. ホーム
  2. 季節による育て方とは

季節による育て方とは

植物

庭やベランダで、様々な植物を育てるガーデニングは、季節ごとに美しい花を楽しむ事ができます。しかし、近年の夏は気温が高くなっており、植物を管理するのが難しくなったと、感じる人も多いでしょう。夏の植物を枯らさないように育てるためには、水やりがとても重要です。日中の暑い時には、植物もしおれて元気がなくなってくるため、つい水をかけてあげたくなります。しかし、これは避ける必要があります。土の中で水の温度が上がり、根にダメージを与える恐れがあるからです。夏の水やりは、朝の涼しい時間帯、またからからに乾いている場合には、夕方にもたっぷりと水を与えてあげましょう。簡単に考えがちな水やりですが、季節によって異なっているので、理解しておくと必要があります。

日本の夏の気温は年々上昇しており、辛くなってきた、と感じている人もいるでしょう。これは人間だけでなく、庭やベランダで育てている植物も同じです。しかし、夏の暑さに強い植物がわかれば、真夏でもガーデニングを楽しむ事ができるでしょう。夏に強い植物の特性は、乾燥に強く、耐暑性に優れています。このような植物を選んで植えれば、手をかけることなく、育てる事ができるようになります。夏の植物の代表と言えば、ひまわりでしょう。日差しが大好きなので、真夏の暑さにも耐えることができます。最近では、小さなサイズも作られているため、庭やベランダでも、場所を取らず栽培できます。夏の植物は色鮮やかな種類が多いため、庭を華やかにしてくれます。いくつか選んで育ててみましょう。