手際よく芝刈りをする方法を伝授|綺麗な庭に見違える

庭は綺麗に保ちましょう

芝刈り機

夏に作業が必要です

庭に広がる芝生は景観の美しさだけでなく、砂ほこりが立つのを防いでくれたり適度な湿度を保つことができ、住環境を整えるにも大変役に立ちます。綺麗な芝生を保つためには定期的な芝刈りが必要です。春先には芝を張るのに適した時期ですが、夏になると急激に芝生が伸びてきます。草丈が5センチ以上伸びてきたら芝刈りを行いましょう。刈りこむ際には同じ方向で芝刈り機を動かすと芝目が美しく整います。高さを2センチほど残し、刈り込みすぎて芝の根元の黄色い部分が外から目立たないようにすることが大切です。刈り込みすぎると見た目に色合いがムラになります。刈り取った芝はしっかり取り除かないと根に栄養が行き届かなくなります。芝刈り後の片づけはしっかり行いましょう。

芝には種類があります

芝には一年中枯れずに生えているものもあれば、冬には枯れて春先にまた新しい葉が生えるものもあります。生活している気候によって使用する芝が異なります。寒い地域では冬でも枯れない西洋芝を、温かい地域では高温に強く冬に枯れる日本芝が向いています。西洋芝の方が芝の育成が早く、芝刈りの回数が多くなるのも特徴です。日本芝の管理は、春から夏にかけて芝生専用の肥料を撒くことで綺麗な芝を維持していきます。乾燥に強い日本芝は特に水やりの必要はありませんが、地面が乾燥している真夏には芝生に水を撒くことで周囲の気温を下げる効果があります。芝が適度な湿度を保ち、内部の土の中により長く湿気を保つことで気温が上がりにくくなります。上手に管理して芝生を育てていきましょう。

植物

季節による育て方とは

植物への水やりは、季節によって異なっているので理解しておきましょう。夏は、朝の早い時間帯や夕方など、涼しい時に行います。夏の植物の特性は、耐暑性があり乾燥に強くなっています。ひまわりが代表的です。このような特性の植物を選んで植えれば、手がかからず育てやすくなります。

野菜

家で野菜を育てるなら

トマトがガーデニングで人気の理由は、育て方が簡単だからです。本やインターネットで誰でも調べることができるため、多くの人が気軽にトマトを育てています。トマトを立派に育てたいなら、連作しないように気を付けることが大切です。

草刈り

道具と処理後の対応

土地に合った道具を選ぶことで、その土地に合った草刈を行うことができるようになります。道具で草を刈ったあとの処理を考える必要があり、捨てたり再利用したりできるので、最後までしっかりと草刈を行いましょう。